愛犬の口臭の原因は?病院に行くべき症状を解説☆

ワンちゃんを抱きしめた時に口臭に思わず顔を背けてしまった事はありませんか?頻繁に歯磨きをしていても口臭がしてしまうワンちゃんも多いようです。
口臭の原因として単にフードの食べ残しが匂っているだけの場合もありますが、歯周病の悪化や腫瘍等の重い症状である場合もあります。いつもの匂いと違うと感じたら必要に応じて獣医さんに診てもらいましょう。

口臭の原因とは?

ワンちゃんの口臭の原因としては様々な理由が考えられます。

口内環境の悪化

ワンちゃんの口臭の原因として、最も多いのが口内環境の悪化と言われています。例えば、歯周病や口内の炎症や腫瘍等がこれに該当します。

歯周病

ワンちゃんの口臭の原因として最も多いのは歯周病です。歯周病は、歯の表面に付着した歯石がどんどん増えていき、歯と歯茎の間の溝にも入り込み、歯周ポケットを形成して炎症が進んでいきます。
歯周病の症状は初期では腐敗臭のような口臭のみです。そのため、放置してしまう飼い主さんが多いのですが、進行すると歯槽膿漏を起こして歯がグラグラしたり、放置すると細菌の影響で顎の骨が溶けてきて、歯が抜けてしまうことがあります。
ワンちゃんは人に比べて、歯垢が歯石に変わるスピードがとても早いです。そのため、歯石にはさらに歯垢が付きやすくなるという悪循環が起こります。実に3歳以上のワンちゃんの約8割が歯周病を患っているといわれています。

口内の炎症

口の中の炎症も、ほとんどの場合歯周病の症状の1つとして見られます。炎症は痛みが出るため、ワンちゃんはご飯を食べたくても痛くて食べにくい状態になってしまいます。

口腔内の乾燥

ワンちゃんの口の中は通常唾液で潤っていますが、口腔内の水分が不足すると唾液が濃縮され粘っこくなり口臭の原因になります。水を飲む量が少なかったり、鼻炎などで鼻づまりになり口を開けている時間が長くなるような状態では、口の中が乾燥して唾液が濃縮され「生臭い」「魚臭い」といった臭いが発生します。
また、健康なワンちゃんでも、暑い季節では体温を下げるために、口を開けてハァハァと呼吸をし、口腔内がいつもより乾きやすくなります。その場合、通常より多く体から水分が出て行くため、いつもより多めの水分補給が必要になります。夏場に口臭が気になる場合には、飲水量が足りているか、室温が適切かどうかなどをチェックしましょう。

腫瘍

口の中に腫瘍ができる口腔内腫瘍という症状があります。これは良性腫瘍と悪性腫瘍扁平上皮癌、悪性黒色腫、線維肉腫などに分けられます。良性で小さければ、周囲の組織に悪い影響が出ることは少ないと考えられますが、悪性腫瘍では口腔粘膜や歯肉のみならず、骨組織が激しく破壊されるため、歯周病同様に腐敗臭と感じられる口臭が発生する場合があります。口臭だけでなく、大抵の場合、ワンちゃんの口周りの痛みや違和感による食欲低下、食べこぼし、よだれが酷くなるなどの諸症状が先行して現れます。

内臓疾患

ワンちゃんの内臓に異常があると口臭が出る場合があります。

肝臓や腎臓の疾患

肝臓や腎臓のように代謝や排泄に関係する臓器に異常があると、本来は代謝されて体外に排泄されるはずの老廃物が毒素としてたまってしまい、口臭の原因になるのです。この場合は、アンモニア臭がすることが多いようです。
肝臓や腎臓の異常は、口臭が出る頃にはかなり悪化してしまっていることが多く、肝硬変や慢性腎不全の末期の可能性が高く、元気や食欲の消失、嘔吐や痙攣なども見られます。
急性腎不全は、急激に腎機能が低下し、死に至ることもある病気ですが、適切な救急処置により腎機能が回復する可能性があります。一方で慢性腎不全は、数か月から数年にかけて、徐々に腎機能が低下する病気で、初めはほとんど症状が出ないケースがありますが、一度悪くなった腎臓は元に戻らないと言われてるので注意が必要です。

胃の疾患

胃の状態が悪くなると胃酸分泌過多になることがあり、その場合、酸っぱい口臭になる可能性があります。
特に胃炎を患っている場合、胃酸の分泌が過多になり、嘔吐したり胃酸がこみ上げてきたりします。それが原因で胃酸由来のすっぱい臭いが口臭として感じられます。
胃炎の原因としては、急性のものは感染症、異物、中毒などがあり、慢性のものは胆汁の逆流、別の疾患の二次的な症状などが挙げられます。また、空腹時間が長くなることで胃酸過多となって嘔吐することもあります。

関連記事

実はワンちゃんが吐くのは珍しいことではありません。しかし、嘔吐が続いたり、食欲や元気がないなどの異常や症状の変化は、何かの病気のサインかもしれません。ワンちゃんが嘔吐をしてしまう原因や、病院に行く必要性、予防や対処法などをまとめてみました[…]

腸閉塞

腸閉塞は腸が完全に塞がれている状態、または腸の内容物が深刻な通過障害を起こしている状態をいいます。腸閉塞になると、便が正常に移動することができなくなるため、便の臭いのような口臭になることがあり、また便のような嘔吐物を吐くこともあります。
腸閉塞は、腸管の中が塞がってしまう「機械的閉塞」と腸管が正常な動きをできなくなる「機能的閉塞(麻痺性腸重積)」に分けられます。閉塞する部位が胃に近いほど、嘔吐のような症状が激しく出るのに加え、
強い腹痛や痛みを伴う全身の緊張感や、元気がなくぐったりしている、下痢をする、便が出ないなどの深刻な症状が伴うことがほとんどであり、生命にかかわります。

食べ物

食べ物の種類によって、口臭が酷くなることは少ないですが、臭いの強い食べ物を与えた後には口臭が出ることがあいます。また歯磨きをおろそかにすることで、口の中の食べかすが原因となって口臭が出ることがあります。

ペットフードの劣化

ペットフードは開封後、空気に触れることで酸化が進んでいきます。ウェットタイプのフードはもちろん、保存に比較的強いと言われるドライフードでも含有されている脂質が酸化し劣化していきます。
こうした劣化したドライフードを食べることで、食べかすが口臭に感じられることがあります。
劣化したフード、酸化した脂質を含むフードは下痢や嘔吐、腹痛の原因にもなります。ペットフードを購入する際は、大容量のものを買いすぎず、食べきりサイズを選ぶようにするといいでしょう。また保管をする際はなるべく空気に触れないよう密閉された保存をするようにしましょう。

ストレス

ワンちゃんが緊張をしている時、ストレスを感じているときはあくびの頻度が増え、唾液の分泌が減り、口腔内の匂いが濃縮されたり、口内細菌が増えたりすることで、匂いが強くなることがあります。

病院に行くべきケースとは?

内臓疾患を原因とする口臭はすぐに病院へ行きましょう

内臓疾患による口臭の場合は、対処が遅れると全身状態の悪化が深刻になる可能性があります。特に、腸閉塞は強い腹痛や痛みを伴う全身の緊張感や、元気がなくぐったりしている、下痢をする、便が出ないなど、ワンちゃんにとってかなり辛い症状が見られます。そのため、なるべく早く病院へ連れて行ってあげましょう。

緊急性のない口臭でもきちんとした対処が必要

口内環境の悪化や食べ物による口臭は、時間をかけて進行するため、緊急性はあまり高くありませんがきちんとした対処が必要です。

口臭の予防法と対策

歯周病対策

ワンちゃんの口臭の原因として最も多いのは歯周病関連で、歯石になる前に歯垢を取り除くことが大切です。
歯周病は前述の通り、口腔内の歯周病菌の増殖に関連した感染症であり、口臭を取り除く、また予防するには口腔内環境を清潔にすることが必要です。

病院での歯石除去

すでに沈着してしまった歯石については動物病院での徹底的な歯磨きが必要です。歯石は歯の表面だけでなく歯周ポケットにも入りこんでいるため、しっかりと専門の器具を使わないと取り除けません。
ちなみに歯周ポケットまで掃除をするには、全身麻酔が必要となるため、麻酔リスクが伴います。麻酔をせずに行うハンドスケーリングという方法もありますが、ほとんどの場合、歯の表面の歯石を一部取るのみであり、歯周病の治療にはなりません。

歯磨きの習慣化

食べかすが口の中に残り歯石ができる原因にならないよう、歯ブラシを使ったブラッシングを習慣化させましょう。

その他家庭でのケア

子犬など、歯磨きが苦手で奥歯を触るのが難しい場合、歯磨きガムを与えたり、ロープやタオルのおもちゃなどを噛ませて遊んだりするなど、噛む刺激、摩擦の刺激で歯垢を落としながら、ご褒美などを使いながら徐々に歯磨きに慣らしていきましょう。

腫瘍の対策

口の中の腫瘍の処置は、多くの場合外科手術をすることになります。悪性腫瘍の場合は、周囲の組織や顎の骨にまで腫瘍細胞が入り込んでいる可能性があるため、それらを含めた切除が必要になります。
外科手術以外の方法としては放射線治療や化学療法があります。放射線治療は、手術が難しい場合に腫瘍を少しでも小さくするための方法です。治療効果は腫瘍の種類によって変わります。化学療法は、外科手術や放射線治療と組み合わせて行うことが一般的です。

内臓疾患の対策

内臓疾患が原因で嘔吐・腹痛・下痢などの症状を伴う口臭に気付いた場合には、手術や点滴、投薬など積極的な治療が必要になることが多いため、ただちに獣医さんの診察を受けましょう。
肝臓や腎臓に問題がある場合は、点滴や投薬治療を行いますが、慢性の病気の場合は完治が難しいため、進行を遅らせることが治療目的になります。胃酸過多になっている場合は、胃酸を抑える薬を与えます。腸閉塞のうち、機械的的な閉塞がある場合は、原因を取り除く手術を行い、機能的な閉塞を起こしている場合は、点滴治療や消化管の運動を促す薬を投与します。

ドッグフードやサプリメント

ドッグフードは、ウェットタイプよりもドライタイプの方が歯垢のもとになりにくいです。ドライタイプのフードでは、歯垢になりにくい大きさ、形状、素材などで工夫されていて、食べるだけで歯磨き効果の高いフードも販売されています。
また、ブラッシング等の日常のデンタルケアに加えて、口腔内の善玉菌を含むサプリメントを服用することで口腔内環境をきれいに維持し、口臭の予防が可能です。

まとめ

ワンちゃんの口臭の原因は、緊急性のないものから重大な病気まで様々です。口臭だけでは病気かどうか判断するのは困難なため、口の中に歯石や腫瘍などのできものがないか、いつもと様子が違わないか元気や食欲に問題がないか等を慎重に見極めましょう。