どっちにする?徹底比較!レジーナリゾート鴨川 vs 伊豆無鄰☆

こんにちは。

ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。

レジーナリゾートに泊まるのは伊豆無鄰(むりん)で4回目になりました。

レジーナリゾートにはホテル間で統一されている部分とオリジナリティがある部分とがあるので、今回はレジーナリゾート鴨川と伊豆無鄰のそれぞれの良いところ、気になったところを比較してみます。

各項目について、私達の独断と偏見で5段階評価をさせて頂いています。

勝手な評価をさせて頂いていますが、本当に素晴らしいホテルなので是非実際に宿泊してみましょう!

それぞれのホテルの詳細については以下の記事をご参照ください。

関連記事

https://www.youtube.com/watch?v=vLjNMUJG3qU こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 今回はレジーナリゾートとしては3つ目の、2018年7月にオープンしたばか[…]

関連記事

こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 今回は私たちが泊まったレジーナリゾートとしては4つ目のレジーナリゾート伊豆無鄰(むりん)に泊まってきました。 レジーナリゾート伊豆無鄰(むりん)は各界の著名人に愛されてき[…]

ホテルの外観【鴨川(4.5/5) vs 伊豆無鄰(5/5)】

外観は完全に好みの問題ですが、レジーナリゾート鴨川も伊豆無鄰も共に温かみのある建物で良かったです。

ただ、エントランスが鴨川が道路から入って一番奥にあるのに対し、伊豆無鄰は旅館の入り口に車を停めると係の方が駐車場まで車を停めてくれ、荷物は部屋に運んでくださいます。

鴨川は道路から入る入り口が分かり辛いのは残念なポイントでした。

レジーナリゾート伊豆無鄰の外観は他の多くのレジーナリゾートと異なり純和風の外観で温かみの感じる建物なので個人的に好みでした。

さらに、伊豆無鄰は離れの部屋がほとんどなので自分の離れまでの小庭を楽しむこともできます。

鴨川 外観

鴨川の外観はスタイリッシュでとてもカッコイイものでした。

鴨川 ホテル入り口

ホテルへの出入り口が道路から少し確認し辛いのが残念なポイントでした。

伊豆無鄰 外観

伊豆無鄰は純和風で趣のある素敵な外観でした。写真の正面に見えるのが本館でこちらに車を停めると係の方が駐車場まで車を運んでくださいます。
車を停めると係の方が荷下ろしを手伝ってくださり、離れまで誘導してくださいます。写真に見える右脇の小道から離れへと進みます。
苔の生えた小庭がとても素敵で趣があります。
私たちが宿泊した「つわぶき」という離れは一番奥に位置しており、唯一プライベートドッグランが付いているお部屋でした。写真の右側の丸太で囲まれた所がプライベートドッグランです。
離れも本館同様、純和風で落ち着きのある素敵な外観でした。
各離れの入り口にはペットの排泄物等のゴミ箱と傘の貸し出しがありました。食事処は本館にあるので、雨の日にはこちらの傘をお借りして本館へ向かいます。
夜は明かりが灯るので本館までの行き来も安心です。明かりの灯った小道の雰囲気も昼とは全く違う表情を見せてくれとても素敵でした。
こちらは売店や食事処、特別室のある本館の外観です。離れと統一感のある和風の建物で素敵でした。
離れと同様に本館の入口にもペットの排泄物用のゴミ箱があり、傘の貸し出しもありました。

ホテルの内装【鴨川(4.5/5) vs 伊豆無鄰(4.5/5)】

内装について、レジーナリゾート鴨川についてはロビーから見えるオーシャンビューが最高でした。

また、カフェ・バーの雰囲気も良く、朝の時間帯にはコーヒーやレモネードを頂けるスペースが居心地がとても良かったです。

売店ではお土産やワンコグッズ、ワンちゃん用アロハシャツ等が販売され充実していました。

海沿いなだけに可愛いアロハシャツも売っていました。

伊豆無鄰の内装は外観と統一感があり落ち着きのある内装で素敵な雰囲気でした。

鴨川と違い、本館には客室は特別室2部屋のみで、他には受付、売店、くつろぎスペース、料亭がありました。

売店はワンちゃん用品に加え、客室でも提供されている高級なお茶や伊豆のお土産なども販売されていました。

鴨川 ホテル内装

鴨川のロビーに入るといきなりオーシャンビューが広がっていて絶景に感動です!

鴨川 売店

売店ではワンちゃんグッズに加え、鴨川の地のお土産も売っています。
ワンちゃんのおやつなどもこれだけの量が揃っています。
海辺なだけに可愛いワンコ用のアロハシャツも販売していました。

鴨川 カフェ・バー

素敵な雰囲気のカフェ・バーがあり、隣はくつろぎスペースとなっています。
無料でレモネードやコーヒーなどを頂けるのはありがたいですね。

伊豆無鄰 ホテル内装

写真の正面が受付、右側が料亭、左の階段が特別室に繋がっており、左側手前と背中側に売店があり、右側料亭の手前側にくつろぎスペースがあります。

伊豆無鄰 くつろぎスペース

くつろぎスペースの写真です。

伊豆無鄰 売店

伊豆無鄰の売店もペット用品だけでなくお土産など様々なものが販売されていました。
棚の右上にあるお茶が客室でも提供されている高級なお茶で、渋みが絶品でとても美味しかったです。
売店では伊豆の地元のお土産も売っていました。
売店ではワンちゃん用のおやつやフード、お散歩グッズなども売っています。
その他、オリジナルのリードなどの多くのワンちゃんグッズまで揃っていて、売店はとても充実していました。

部屋の内装【鴨川(4/5) vs 伊豆無鄰(4.5/5)】

レジーナリゾート鴨川は「スタンダードB」、伊豆無鄰は「つわぶき」と異なる部屋に宿泊した為、単純には比較できませんが、どちらにも良かった点がありました。

鴨川の良かった点は①全室オーシャンビューで最高の眺めが広がっている点、②お風呂も全室ビューバスになっていてこちらも最高の景色が楽しめる点、③飛び出し防止ゲートが備わっているので安心して自由にさせられる点がありました。

一方で伊豆無鄰の良かった点は①戸建の離れになっている為完全にプライベートが確保されている点②リビングと寝室が分かれている点、③月見台がある点、④客室露天風呂がある点、⑤廊下から玄関を仕切る飛び出し防止ゲートがある点などがあります。

鴨川と伊豆無鄰の共通していた良かった点としては、床にスウェーデン製の特殊な床材「BOLON」を使用しており、愛犬が滑らず防水性のある床材のためワンちゃんの足への負担を大きく減らすことができる点がありました。

鴨川 部屋の内装

全室オーシャンビューで眼下に素敵な浜辺を覗くことができます。
お風呂も全室ビューバスという豪華さです。
飛び出しゲートが備わっているので、愛犬をフリーにしても安心です。

伊豆無鄰 部屋の内装

離れの中に入ると奥のカウンターにはお散歩グッズ等が揃っていてありがたかったです。
玄関にはリードフックも備わっており、飼い主さんも安心してお出かけの支度をすることができます。
玄関にもしっかり飛び出し防止ゲートが備わっているので愛犬を廊下でフリーにすることができます。
廊下もとても広々しており、モコもくつろいでいました笑
冷蔵庫やお水・お茶などは廊下に一通り用意されています。
リビングはとてもゆったり広々しており、窓も大きく月見台まで見渡すことができとても開放感があります。
床の素材には他のレジーナリゾートでも採用されている、スウェーデン製の特殊な床材「BOLON」が使用されており、この素材は愛犬の足への負担を軽減させる期待が持てるのでありがたいです。
部屋に用意されていたお茶は渋味が絶品で売店にてお土産として買うこともできます。
廊下の突き当たりには素敵な寝室があります。
寝室はかなり広々しており、とても快適に過ごせました。
寝室にはしっかりとした広さのクローゼットも用意されています。
リビングの外には絶景を見ながらゆったりと過ごせる広い月見台(バルコニー)があります。フェンスにはしっかりと7cm毎にワイヤーが張り巡らされているので、安心して愛犬をフリーにさせることができます。
リビングの窓はとても大きので、リビングの中から月見台や景色を見ることができとても素敵でした。
リビングから月見台に出ると、右手側には客室露天風呂があり、さらにその奥に室内風呂に繋がっています。

設備・アメニティ【鴨川(5/5)=伊豆無鄰(5/5)】

飼い主さん用のアメニティも愛犬用のアメニティも大きな差はなく、共に素晴らしいものでした。

<客室設備・備品>
エアコン 空気清浄器付加湿器 冷凍・冷蔵庫 電子レンジ ドライヤー
テレビ DVDプレイヤー コーヒーカップ コーヒー 紅茶 緑茶 
ボディソープ シャンプー コンディショナー ハンドソープ ブラシ カミソリ
ハミガキセット シャワーキャップ 綿棒 バスタオル フェイスタオル
ハンドタオル パジャマ 作務衣 使い捨てスリッパ
「ミキモト」オリジナルアメニティセット(女性のお客様限定)

<お子様用備品>
ベビーベット(0歳児用) ベットガード 

<愛犬用備品>
クレート 食器2枚 おやつ2袋 ウェットティッシュ 粘着ローラー
消臭除菌防虫スプレー 足拭きフォーム 足拭きタオル
愛犬用バスタオル2枚 トイレ トイレシート6枚 散歩用エチケット袋6枚
※大型犬の場合は、大型犬用のクレートおよびトイレ、食器を用意してくれるようです。

鴨川 アメニティ》飼い主さん用

カウンターの上に飼い主さん用のアメニティが一通り用意されていました。

鴨川 アメニティ》ワンちゃん用

ワンちゃん用のアメニティは十分に用意されているので安心です。
大きなクレートもあるため、お留守番や眠る時に使うこともできます。

伊豆無鄰 アメニティ》飼い主さん用

離れのそれぞれの部屋には空気清浄機が用意されており、ワンちゃん臭さは全く感じませんでした。
先述の通り、冷蔵庫や水・お茶などは廊下に用意されています。
寝室のクローゼットの中には金庫や浴衣、バスローブやタオルなどが揃っていました。
寝室には加湿器も用意されていたので、とてもありがたかったです。
脱衣所・洗面所にはドライヤーや綿棒、カミソリなどのアメニティがきちんと用意されており不足は感じませんでした。
伊豆無鄰も他のレジーナリゾート同様にシャンプーやボディソープなどはミキモトで統一されていました。

伊豆無鄰 アメニティ》ワンちゃん用

ワンちゃんのお散歩グッズなどは離れの玄関に入って一番奥に用意されています。
用意されているお散歩セットの中には愛犬用の足拭きタオルやウェットティッシュなどが揃っていました。
お散歩バッグの中にはウンチ袋やマナーボトル、懐中電灯などが揃っていました。
お部屋にもワンちゃん用アメニティが揃っており、主にテレビ下に用意されていました。
お部屋に用意されたワンちゃんアメニティとしては、ワンちゃん用のバスタオルやトイレシート、粘着ローラーなどが入っていました。
お部屋には愛犬用のケアマットがあり、お試しとして使わせて頂けました。
ケアマットを実際に使ってみたら、モコも気持ち良さそうにくつろいでいました。
リビングには空気清浄機やワンちゃん用のトイレなどが用意されていました。
その他、クレートも大型のものが用意されており、ワンちゃんアメニティについてはこちらで用意するものがないほどでした。

共有ドッグラン【鴨川(3.5/5) vs 伊豆無鄰(4.5/5)】

鴨川の共有ドッグランは広さ50㎡で犬種によって分かれてはいません。

大きさは伊豆無鄰と比べると少し小さく、大型犬が遊んでいると少し手狭に感じてしまいました。

伊豆無鄰の共有ドッグランは宿から2〜3分歩いた所にあります。

ドッグランは200㎡の広さの人工芝で全犬種が利用することができます。

広さは十分でちょっとしたアジリティもある為、モコもたくさん楽しめました。

鴨川 共有ドッグラン

鴨川のドッグランは犬種によって分かれていない割には少し小さめでした。
モコのように小型犬であれば十分楽しめると思います。

伊豆無鄰 共有ドッグラン

離れから2〜3分歩くと広く開放的なドッグランが見えてきます。
ドッグランに入るとすぐに飼い主さん用のベンチやワンちゃんの足洗い場、排泄物用のゴミ箱などがあります。
アルコール消毒やワンちゃん用の水飲みトレイ、ホースなどの用意もありました。
その他、トングやシャベル、排泄物用のゴミ箱なども用意されていました。
ドッグランは十分な広さで、天然芝なので愛犬の足への負担も安心です。
ちょっとしたアジリティもあるのでたっぷり楽しめました。

プライベートドッグラン・テラス【鴨川(1.5/5) vs 伊豆無鄰(4.5/5)】

プライベートドッグランについては鴨川には残念ながら全室備わっていません。

しかし、オーシャンビューのテラスはゆったり広々と作られており、眺めは最高でしたし開放感もある為、モコも気持ち良さそうにテラスに出ていました。

レジーナリゾート伊豆無鄰ではプライベートドッグランは「つわぶき」という離れのみに用意されています。

伊豆無鄰のプライベートドッグランはウッドチップのドッグランで広々としていました。

以前はウッドチップのドッグランがあまり得意でなかったモコちゃんでしたが、ようやく慣れて遊ぶことができるようになりました。

鴨川 テラス

テラスは広々ゆったりと作られており、絶景を前にしてリラックスして過ごすことができました!
モコも開放感たっぷりで楽しそうにテラスに出ていました!

伊豆無鄰 プライベートドッグラン

「つわぶき」という離れのみプライベートドッグランが用意されているので特別感がありました。
もちろん扉はしっかり二重になっているので安心です。
プライベートドッグランとは言えこの広さで十分楽しめました。
プライベートドッグランの中にはベンチや机も用意されておりくつろぐことができます。
しっかり目隠しもされているので、プライバシーも確保されていました。

プレイルーム・室内ドッグラン【鴨川(0/5)=伊豆無鄰(0/5)】

レジーナリゾート鴨川には屋内にドッグランやプレイルームはありません。

また、レジーナリゾート伊豆無鄰は基本的に客室は離れになっており、本館は料亭や売店など最低限のものしかない為仕方ないですが、こちらも室内ドッグランやプレイルームはありません。

雨の日にドッグランで遊べないのは少し寂しいですが、お部屋や離れも広々しているので愛犬が退屈することはないでしょう。

鴨川も伊豆無鄰も室内ドッグランやプレイルームがなくても全く気になりませんでしたが、点数は機械的に0になってしまいました。。。

食事【鴨川(5/5) vs 伊豆無鄰(5/5)】

食事はレジーナリゾート鴨川は和食で海の幸がふんだんに楽しめました。

伊豆無鄰も食事は和食が提供されました。

どちらも絶品料理ばかりで、高級ホテルや旅館と比べても引けを取らないくらい美味しかったです。

伊豆無鄰の料亭は本館の1階に用意されており、全室個室になっています。

特別室に宿泊した場合には、客室内のダイニングルームで頂くことができます。

もちろん、こちらも愛犬も一緒に入場しご飯を頂くことができます。

レジーナによってご飯の種類やレストランが異なるのは楽しみですね。

鴨川 レストラン

レストランも非常にゆったりとしていて過ごしやすかったです。

鴨川 朝食

朝食はボリュームも丁度よく、味もとても美味しかったです。

鴨川 夕食

夕食は極上のお肉で味もボリュームも大満足でした!
鴨川だけに海の幸も沢山使われていました。

伊豆無鄰 食事処

伊豆無鄰のご飯処は本館にあり、各離れ毎に個室が振り分けられています。
ご飯処に入るとそれぞれの離れごとに完全個室が用意されおり、リラックスできました。
個室に入るとスリッパが用意されており、靴を脱ぎ中に入ります。
個室はとても広々しており、4人でも十分な広さでした。
愛犬も一緒に食事処でご飯を頂ける為、アメニティもしっかり用意されており、具体的にはトイレシート、ウェットティッシュ、ウンチ袋などが用意されておりました。
愛犬を椅子に座らせる際にはバスタオルを敷きます。

伊豆無鄰 夕食

伊豆という立地を生かし海鮮料理がふんだんに用意されていました。
お肉も絶品ボリューム満点でした。

伊豆無鄰 朝食

朝食もボリューム満点で1つ1つがとても美味しかったです。

ワンちゃんの食事【鴨川(4.5/5)=伊豆無鄰(4.5/5)】

ワンちゃんの食事のメニューはどちらのホテルもほぼ一緒でした。

毎回モコちゃんはがっついて食べていたのでとても美味しかったのだと思います。

鴨川はカートの中で過ごし伊豆無鄰ではマットの上かバスタオルを敷いて椅子の上で過ごします。

ワンコの食事の量も選ぶ事ができます。

鴨川 ワンコの食事

ワンコの食事は他のレジーナリゾート大きく変わらず美味しそうなものでした。
モコもがっつきながら食べていました。
鴨川ではカートの中で食事をいただきます。

伊豆無鄰 ワンコの食事

伊豆無鄰も基本的にワンコのメニューは同じものが多かったですが、伊豆無鄰オリジナルのメニューも用意されていました。写真は『伊豆牛ハツ炙り焼き』です。
モコも早く食べたくでうずうずしていました。
客室と同じようにケアマットが用意されていました。
食後はケアマットでゆったりくつろいでいました。

大浴場【鴨川(0/5)=伊豆無鄰(0/5)】

大浴場は鴨川にも伊豆無鄰にもありませんでした。

それぞれ後述しますが、レジーナリゾート鴨川は全室ビューバスとなっており、伊豆無鄰は各離れに客室露天風呂が用意されており、大浴場が無くてもプライベートで贅沢な時間が過ごすことができ、全く気になりませんでした。

伊豆無鄰については雰囲気的に大浴場はむしろ無い方が良いくらいではありましたが、大浴場がない為、両ホテル共に機械的にこの項目の点数は0になってしまいました。。。

客室お風呂・トイレ【鴨川(4.5/5) vs 伊豆無鄰(5/5)】

鴨川の脱衣所の洗面台は1つでシンプルでスッキリとした作りでした。

お風呂もトイレも十分な大きさが確保されていました。

伊豆無鄰も洗面台が1つですが、脱衣所はとても広々としており、シンクもおしゃれな陶器でできていました。

内風呂は温泉ではありませんが、浴槽は木で出てきており素敵な匂いがしながら窓からは素敵な景色が望めました。

お風呂もトイレも十分な大きさが確保されていて使いやすかったです。

鴨川 洗面所

洗面台は1つですが脱衣所としては十分な広さがあります。

鴨川 客室浴槽

浴槽も洗い場も十分な大きさでした。お風呂の秘密は後述のオリジナルポイントで解説します。

鴨川 客室トイレ

トイレの広さも十分でゆったり過ごせます。

伊豆無鄰 トイレ

伊豆無鄰のトイレも広々して使いやすかったです。

伊豆無鄰 洗面所

脱衣所もとても広く、窓もとても大きいもので使いやすく、陶器のシンクがとてもおしゃれでした。

伊豆無鄰 洗い場・浴槽

内風呂は天然温泉ではありませんが、とても気持ちよかったです。床のタイルは少しヒヤッと冷たかったです。

伊豆無鄰 洗い場からの眺め

お風呂に浸かりながら見渡す景色がとても綺麗でした。

サービス【鴨川(4.5/5) vs 伊豆無鄰(5/5)】

チェックイン時の応対、食事の配給、各スタッフ共にサービスはどちらも素晴らしいものでした。

私たちとすれ違う度にスタッフの方が優しくモコに話しかけてくださるのでとても温かい気持ちになれました。

特に鴨川についてはお出かけした後にホテルに戻ってくる時などにスタッフの方がモコの名前を呼んで声をかけてくれる心遣いが嬉しかったです。

伊豆無鄰についてはホテル到着時に車を停めると荷下ろしを手伝ってくださり、そのまま離れへ向かうことができます。

スタッフの方が車を駐車場に運んでくださり、荷物も全て運んでくださる為、手ぶらで客室に向かうことができます。

また、チェックアウト時には事前に時間を知らせておくことで、客室に荷物を運びに来てくださり、正面に車も運んでくださり、最高のおもてなしをしてくださいました。

伊豆無鄰 チェックイン時の対応

重たい荷物をお部屋まで運んでくださったり、帰りに部屋から車まで運んでくださったり、本当にありがたかったです。

価格【鴨川(3.5/5) vs 伊豆無鄰(2.5/5)】

鴨川で今回泊まった「スランダードB」(2食付き)は土日を含んだ2泊3日ではありましたが、レジーナリゾートの中では価格設定は少し抑えめでした。

それでも犬用ご飯1食分や人間用は2食付き、ディナー時の飲み物代、サービス料等々全て込みで2泊2名でおよそ12万円でした。

伊豆無鄰で泊まった「つわぶき」(2食付き)は平日金曜から1泊2日で宿泊しましたが、こちらは決して安いものではありませんでした。

もちろん、離れという家族水入らずの空間で絶景の露天風呂があり、プライベートドッグランと美味しい食事、満点のサービス付きなのでその価値は十分にありました。

犬用ご飯1食分や人間用は2食付き、ディナー時の飲み物代、サービス料等々全て込みで平日金曜であっても1泊2名でおよそ12万円でした。

特別な記念日にぜひ泊まりたい旅館ではありますが、気安く泊まれる値段設定ではない為、得点としては低めになってしまいました。

ちなみに後述のレジーナドッグクラブ会員になり、公式HPや直接電話で予約をするとレジーナグループ施設での宿泊がいつでも10%OFFになるなどの会員特典があります。

どちらももちろん価格が高めなだけあって、サービスも良いですし、ご飯はとにかく美味しく愛犬が楽しく過ごせたので、その価値は十分にありました。

【オリジナルポイント】全室オーシャンビュー【鴨川(5/5)】

鴨川の特徴の1つは、全室オーシャンビューという所です。

お風呂も全室オーシャンバスになっており眺めがとても良かったです。

テラスも広々としておりモコも海が見ながらはしゃいでいました。

鴨川 客室テラス

テラスはとても広々して解放感があり、安全対策もバッチリなので愛犬をフリーにできます。

鴨川 客室ビューバス

お風呂も全室オーシャンバスなので湯船に浸かりながら絶景を眺めることができます。

【オリジナルポイント】常設ドッグプール【鴨川(5/5)】

鴨川にはワンちゃん用(12.5m×2.5m、最深部約80cm)の常設ドッグプールが備わっています。

御影用水のように簡易プールが用意されている所はありますが、常設プールがあるホテルはなかなかありませんね。

ドッグプールは遠浅式なので、安心して遊ぶことが出来ます。

ワンコ用のプールの傍には人用の椅子なども用意されているので飼い主さんもくつろぐことが出来ます。

ワンちゃん用のライフジャケットやフロートも無料で借りることができます。

鴨川 ドッグプール

ワンちゃん用と言えどプールは十分な広さです。
ライフジャケットも無料で借りることができるので安心して泳ぐことができます。
遠浅式なのも安心できました。
フロートも無料で借りることができますが、モコにはよく分からなそうでした。

鴨川 犬用シャワールーム

ドッグプールの脇にはワンコ用のシャワールームまで用意してあります。
ブロアーも無料で借りることができるので、愛犬が風邪をひく心配もいりません。

【オリジナルポイント】常設人用プール【鴨川(5/5)】

鴨川には人用の常設プール(12m×5m、水深約100cm)も用意されている為、夏は飼い主さんも気持ちよく泳ぐことができます。

ただし、人用のプールには犬は入ることはできません。

鴨川 人用プール

人用のプールもしっかり十分な大きさでした。

鴨川 人用シャワールーム

もちろん人用のシャワールームも装備されています。

鴨川 人用更衣室

更衣室もしっかり用意されているので、水着で部屋に戻らなくて大丈夫です。
人用プールからはそのまま海へと出ることもできます。

【オリジナルポイント】ドッグフィットネス【鴨川(5/5)】

鴨川にはさらにドッグフィットネスがあるという特徴もあります。

ドッグフィットネスでは専用プールやバランスボールなどを使い、フィットネスができます。

このドッグフィットネスは日本におけるドッグフィットネスの第一人者、山田りこ氏監修のもと、研修をつんだトレーナーがサポートして、愛犬自身が楽しみながら行えるフィットネスプログラムを多数用意されています。(有料)

ドッグフィットネスは宿泊者専用なので、宿泊されない方がドッグフィットネスだけすることはできません。

ドッグフィットネスは私たちは今回は都合が合わずに利用できませんでした。

利用したワンちゃんの様子はレジーナリゾートのInstagramで見ることが出来ます。

鴨川 ドッグフィットネス

今回は都合がつきませんでしたが、愛犬の健康の為にも次回はぜひ利用してみたいです。

【オリジナルポイント】客室露天風呂【伊豆無鄰(5/5)】

伊豆無鄰の最大のオリジナルポイントはなんと言っても全ての客室に露天風呂があることです。

露天風呂からの景色は朝でも夜でもいつ入っても最高の気分でした。

また、月見台の柵は愛犬の転落防止のため7cm間隔でワイヤーを張ってあり、愛犬を自由にさせることができます。

その為、露天風呂に入りながら愛犬とコミュニケーションをとることも可能です。

伊豆無鄰 客室露天風呂

天風呂は広々とした月見台(バルコニー)と繋がっています。
露天風呂からは素晴らしい絶景を望むことができます。
月見台や露天風呂周りには7cm毎にワイヤーが貼ってある為、愛犬をフリーにさせながら一緒にお風呂に入ることができます。
相模湾と太陽の組み合わせがとても綺麗でした。
日暮れや早朝の日の出の瞬間はさらに幻想的で綺麗な景色でした。

【オリジナルポイント】離れ【伊豆無鄰(5/5)】

伊豆無鄰には客室が全部でわずか8部屋しか用意されておらず、特別室2部屋を除く6室は離れになっています。

一般的なホテルと比べさらにプライベートな空間が確保され、特にコロナ禍においては安心して過ごせる空間となっていました。

伊豆無鄰 離れ

食事と共有ドッグラン以外は離れとプライベートドッグランでゆっくり過ごすことができる為、コロナ禍でも安心して過ごすことができます。
夜の小庭もライトアップされていて昼とはまた違う印象が素敵でした。
陽が落ちてから本館や食事処に行き来する際についてもライトアップされ暗くないので安心です。

【オリジナルポイント】ご飯処も全て個室【伊豆無鄰(5/5)】

伊豆無鄰では食事処も全て個室であり、プライベートな空間でくつろぎながら食事を頂くことができました。

離れでの時間も含め、基本的に他の宿泊客と会うことはなく、コロナ禍でも安心なのはとても大きなポイントでした。

伊豆無鄰 食事処

食事処も離れごとに決まった個室になっている為、宿泊中に他の宿泊客に遭遇することはありませんでした。
リードフックもあり愛犬と同じ個室で気兼ねなく食事を楽しめるのは嬉しいですね。

総評【鴨川(3.8/5) vs 伊豆無鄰(4.3/5)】

それぞれのレジーナリゾート泊まってみて、共通している部分や独自のオリジナリティのある部分があることが分かりました。

総合的にはどちらにも本当に素敵なホテルだったことは間違いありません!

レジーナリゾートは全部で8つあるので、全種類泊まってレポートしたいと思います!

レジーナリゾート公式サイト:https://www.regina-resorts.com

レジーナドッグクラブ会員

レジーナドッグクラブ会員とは、レジーナグループ施設をお得に利用でき、会員相互の愛犬を通じた親睦を深めることを目的とした会員組織です。(入会金・会費無料)

愛犬と宿泊した際の初回チェックイン時に入会し、次回よりレジーナグループ施設での宿泊がいつでも10%OFFになるなどの会員特典があります。

>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!