Naturecanのペット用CBDオイルを使ってみたレビュー☆

こんにちは。ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。

CBDとはヘンプという植物に含まれる成分の一種です。

ヘンプや大麻と聞くとネガティブなイメージを持ちがちですが、CBDには精神活性特性は無く動物に対し多くのメリットをもたらす期待があります。

そして産業ヘンプから抽出されているため、世界中どこで使っても違法性はありません。

今回は人用はもちろん、ペット用のCBDオイルを作っているNaturecan様より試供品を提供頂いたので実際に使ってみたレビューをお届けします。

ご購入はこちらから↓↓

CBDサイト専門店のNaturecan(ネイチャーカン)

関連記事

こんにちは。ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 近年、「ウェルネス」=「生き生きとした健康を目指すこと」において近年重宝されているのが、大麻成分であるCBDという成分です。 人においてはCBDやCBDオイルの安全性と有用性[…]

CBDオイルとは?

CBDオイルとは「カンナビジオール」という成分が入ったオイルのことです。

てんかんや免疫疾患を始めとして様々な症状の改善やリラックス効果、睡眠障害などに期待できると言われており、アメリカでは美容や健康に効くとして人用が大ブームになりました。

最近の調査では、アメリカ人の7人に1人がCBD配合の何らかのものを使用しているそうです。

日本ではまだあまり知名度がありませんが、CBDは世界的に注目されている成分です。

CBDオイルで愛犬はハイにならない?

原材料が大麻と聞くと「うちのコがハイになっておかしくなってしまうんじゃないの?」と心配になる飼い主さんもいらっしゃると思います。

実際にはCBDオイルを使用してもハイになることはありません

CBDはマリファナではなく産業用ヘンプからとれます。

産業用ヘンプの種子は七味唐辛子にも含まれているんです。

マリファナなどでハイになるのは「THC」という成分によるもので、CBDには含まれません。

「THC」はハイになりますが、「CBD」にはリラックス作用があるんですよ。

CBDオイルは愛犬にどんな効果があるの?

人も犬も体内に「エンドカンナビノイドシステム(ECS)」という体の調子を整える機能をもっています。

CBDは大麻などから抽出される「カンナビノイド」という成分の一種で、ECSに作用し様々な効果をもたらします

体内の恒常性を保つECSは加齢とともに弱まってしまいます。
ECSが弱まってしまうと体は「カンナビノイド欠乏症」になり、色々な病気にかかりやすくなってしまうのです。
つまり健康でいるためには「カンナビノイド欠乏症」を防ぐことが大切なのです。
CBDオイルで「カンナビノイド」の補充が行えるので病気を防いだり、愛犬が抱えている症状を軽くする期待ができるのです

CBDオイルは健康サポートの他にも使える?

人用では特にリラックス作用が注目されているCBDオイルですが、愛犬に対しては健康サポート以外に以下のようなケースでも使えるでしょう。

  • 興奮しやすい、落ち着きがない
  • 環境の変化などでストレスがたまっている
  • トリミングやホテルなどを極度に怖がる
  • 攻撃的になってしまう

心を落ち着かせ、睡眠をとりやすくなる期待があるので、愛犬に落ち着かせたい時に使えますね。

CBDオイルの副作用

CBDについては、2017年に世界保健機構(WHO)が安全性を正式に公表しました。

WHOの文書によると、人にCBDを使用することで深刻な健康被害を引き起こすことはないとされています。

しかしこれはあくまで”人”に対しての副作用がないという発表です。

現段階では犬を対象にした研究は多くありませんが、一方でCBDを犬に投与した場合に重篤な健康被害があったという報告もされていません。

よって現段階ではCBDを犬に与えることで健康を脅かす心配はないと言えるでしょう。

犬にCBDを投与した際に現れた副作用について調べてみると、「口渇」、「血圧低下」、「下痢」、「嘔吐」、「傾眠傾向」などがあるようです。

恐らくCBDは口腔内の唾液の分泌を抑制するため、喉が乾きやすくなるのではないかと考えられています。

また「血圧低下」や「傾眠傾向」については、CBDの投与量が多かったことが指摘されています。

そして「下痢」や「嘔吐」はCBDと共に与えられた他の薬の影響や、CBDの効果や副作用の研究のために慣れた環境ではない場所に滞在したことによるストレスなども考えられるため、直接的にCBDが影響したかどうかは明確ではありません。

実際、人間でもCBDの適正使用量や効果の現れ方に個人差があるように、犬も個体によって反応が違います。

少量でもCBDを投与したあとは愛犬の様子の変化に十分注意を払いましょう。

CBDオイルの選び方

まずは愛犬が何か薬を服用している場合は、必ず動物病院でCBDオイルの使用について相談しましょう。

犬用などペット専用として売られているCBDオイルも通常はパッケージが違うだけでCBDオイル自体は人が摂取しているものと同じことがほとんどです。

購入前には品質の確認をしっかりしましょう。

  • 違法成分「THC」が含まれていないか
  • 不純物(農薬や薬品など)が含まれていないか
  • 抽出方法をチェック
  • 安全性を示す証明書はあるか
  • 第三者機関による品質試験を行なっているか

上記の点は信頼できるCBDオイル販売元であればサイトに成分表を公開しているのでチェックできます。

フルスペクトラムと表記があるものは、CBD以外の成分が含まれますので内容を確認しましょう。

第三者機関による品質試験を行なっているか

使用するヘンプの品質証明書や、第三者機関による成分分析証明書、製造工程に嘘がないと証明する宣誓書、税関への提出書類など、購入する側が安全だと思えるようなデータを公表している製品の方が安心です。

例えば商品紹介ページに証明書の画像を載せていると分かりやすいですね。

Naturecanとはどんな会社?

Naturecanは現在世界20カ国でCBDオイルの販売を行っており、最高品質かつ革新的な商品をグローバルに届けてくれている会社です。

Naturecanが提供する商品の種類は様々な濃度のCBDオイルを始めとして錠剤やスナック、スキンケア商品、フィットネス商品など多岐に渡ります。

Naturecanが取り扱っているヘンプは全て世界で最も規制された市場の一つであるアメリカにて高度に管理された条件下で栽培されたもので、最終製品は全て独立した第三者機関によってテストされ、品質における認可を得ています。

さらに全ての製品にオイルのディスティレートと最終製品の成分分析証明書(CoA)を添付しており、CBD濃度や製品ラベルの正確性を確かめることができます。

公式HP:https://www.naturecan.jp/pages/what-is-cbd

NaturecanのCBDオイルの特徴

公式HPによると、NaturecanのCBDオイルはブロードスペクトラムで、ヘンプ植物からの様々な天然化合物(カンナビノイド、テルペノイド、その他の植物化学物質を含む)が含まれており、THCが除去(検出限界以下)されています。

  1. 天然成分のみを使用したCBD
    NaturecanのCBDはヘンプ植物から抽出され、人工合成素材は一切使用していません。天然成分ベースのCBDのみを使用したナチュラルな製品を取り扱っています。
  2. 高純度オイル
    厳格なテストプロトコルにより、オイルの純度を保証しています。これによって製造プロセスの各段階において製品に含まれている成分を明らかにしています。
  3. 100%アメリカ産のヘンプを使用
    Naturecanのプロデューサーはカリフォルニアで最初に認可されたCBDの抽出農家です。カンナビス、製薬、技術産業におけるベテランであり、米国の西海岸に数百万ポンド規模の施設を所有しています。
  4. 厳格な審査
    Naturecanのすべての製品は、品質と安全性を確認するために、少なくとも6段階の厳格な第三者機関による試験を経ています。
  5. THCゼロ(検出限界以下)
    Naturecanは全てのオイルにおいてTHC0(検出限界以下)を実現し、使用における安全性を確認しています。

ご購入はこちらから↓↓

CBDサイト専門店のNaturecan(ネイチャーカン)

NaturecanのCBDオイルを実際に使ってみた

ここからは実際に届いたものの中身や、使ってみた感想をレビューしていきます。

うちのモコは小型犬ですので3%CBDオイルを使用させて頂きました。

同封されていたもの

届いた箱を開封してみると、中に入っていたのは

  • 3%CBDオイル本体
  • Naturecanの紹介冊子
  • シリンジ

が同封されていました。

実際に与えてみたところ

CBDオイルによっては愛犬が進んで食べにくい味や香りのものもあるようでしたが、NaturecanのCBDオイルについてはむしろ進んで舐めていました。

直接舌下に垂らしたり、餌に垂らして与えてみました。

与えたのが夜だったこともあると思いますが、与えてからすんなり眠ったのでリラックスできたのだと思います。

ただ、持病が特にないのでそういった効果は分かりづらかったです。

健康維持のために継続的に与えてみます。

NaturecanのCBDオイルの良かったところ

実際にNaturecanのCBDオイルを使用してみて良かったところをお伝えします。

  • 安全性の確認ができている
    HP上でも第三者機関による品質の保証が確認できる他、THCが限界まで覗かれており、天然成分のみが使用されている為、安心して愛犬に与えられます。
  • 容器に付属しているスポイトの他にシリンジが入っている
    メモリがついているシリンジが同封されているため、しっかり量を測って与えることができます。
  • リラックス効果は確認でき
    持病がないためそういった点での効果はまだ分かりませんが、夜に与えるとすんなり眠ってくれたのでリラックス効果はしっかりあるのだと思います。
  • 味や匂いが気にならない
    うちのモコは味や匂いに抵抗なく、むしろ美味しそうに舐めていたので与えやすかったです。

NaturecanのCBDオイルの気になったところ

実際にNaturecanのCBDオイルを使用してみて気になったところをお伝えします。

  • 与える量の目安が分かりにくい
    同封されている冊子やHPにも与える量の目安の記載がありましたが、実際に愛犬に与える際に何ml与えればいいのか計算するのに少し時間がかかってしまいました。
  • 字が小さい
    製品が入っている箱や本体にも与える量の目安や成分等の記載がありますが、字がとても小さいため少し読みにくかったです。
  • CBD初心者用に与え方をもう少し解説が欲しい
    初めてCBDオイルを与える際、どのように与えればいいのか分からないと思いますが、同封されている冊子やHPで与え方について画像付きで示してもらえるとありがたいと思います。

まとめ

NaturecanのCBDオイルはうちのモコにとって味を気に入ってくれ美味しそうに舐めていました。

リラックス効果も確認でき、何より抽出方法や品質テスト、THCフリー、天然成分のみ使用という安心感がとても良かったです。

今後も継続的に使用し、新しい効果が出てきたら追加でレビューします。

ご購入はこちらから↓↓

CBDサイト専門店のNaturecan(ネイチャーカン)
>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!