子犬の噛み癖が治らない?正しいしつけで噛み癖を治そう!

子犬の噛み癖はよくある問題行動のうちの1つです。
また成犬でもブラッシング等の時に噛まれた、ワンちゃんの食事中に食器にさわったら噛まれた等の悩みを持つ方も多いようです。
家具がボロボロになった等大きな問題に発展する恐れのある「噛み癖」について、原因からしつけや対策、おすすめ商品をまとめました。

子犬が噛む原因

子犬が噛む原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

歯が痒くて噛んでしまう

子犬の歯は生後4〜8ヵ月の時期に乳歯が抜け落ちて永久歯に生え変わり、1歳くらいになると永久歯が生え揃います。歯の入れ替わる時期に痛みやむず痒さを感じるため目の前のものを噛むことによって解消しようとします。

不安で噛んでしまう

犬は恐い時や嫌なことをされた時、痛い時などに噛む傾向があります。例えば、知らない人がいきなり頭を撫でようとしたときや、テリトリーをおかされたと感じた時などです。歯磨きやブラッシングなどのお手入れが嫌で噛むといった行動も精神的な原因が考えられます。

構って欲しくて噛んでしまう

本能的な要因として「甘えたくて噛む」「いたずらで噛む」「構って欲しくて噛む」というものがあります。ワンちゃんを寂しがらせないよう、なるべく散歩をしたり遊んであげる必要があります。

子犬の噛み癖のしつけ方

短く大きな声を出す

ワンちゃんが「甘噛みする」場合や「噛んではいけないものを噛んでしまう」場合は、「いけない」「ダメ」「ノー」などの短い言葉で叱ることが有効です。「ダメダメ」と繰り返したり「ダメでしょ」とフレーズを変えてしまうのはあまり良くない為、叱る言葉は家族間でも1つに統一することがポイントです。

色々な人と触れ合う

小さいうちに他のワンちゃんや人と触れ合うことで社会化を身に付けることで恐怖心を抱きにくくなります。他のワンちゃんと遊ぶことでは何をされると嫌なのかや痛いこと等を学習することができてとても良い刺激になります。

噛んで良いもの、悪いものを覚えさせる

噛んで良いものを与えて覚えさせることも大切です。専用のおもちゃで「噛みたい時にはこれを噛む」という習慣をつけましょう。
またワンちゃんは1歳程度までの間に噛んだことのないものにはその後も興味を持ちにくい傾向があるので、子犬の時期に噛んではいけないものを噛めないような状況にしておくことも大事です。

無視をする

子犬が「構って欲しくて噛んでしまう」場合や「イタズラで噛んでしまう」場合など、飼い主の気を引く行動の場合には無視も有効です。
無視をする時は背中を向けて相手にしないようにします。無視をすることで行動がひどくなることもありますが、何度か繰り返されていくうちに噛んでも良いことが起きないと認識して大人しくなります。

苦手な臭いをつける

ワンちゃんに噛んで欲しくないものに、犬の苦手な臭いをつけるのも1つの方法です。噛み癖のしつけ用スプレーが市販で売っているので、噛んで欲しくないものに吹きかけると臭いを嫌がり噛むことが減ります。お酢の臭いも苦手なので、かなり薄くした状態で霧吹きする方法もあります。一度は噛むことをやめてもまた噛んでしまうことがあるので、噛み癖が治るまで繰り返し行う必要があります。

噛み癖対策に役立つおもちゃ

デンタルボーン

Amazonでも色々な種類が売っているデンタルボーン。500円弱で売っているものが多いようです。子犬の口内ケアになるのはもちろんですが、噛み癖対策にもなります。お手頃価格でフレーバーが付いてるものは子犬も美味しそうに噛み噛みしてくれます。

犬用おもちゃロープ

子犬用のロープ型のしつけ用おもちゃです。先端を噛むと音がするので興味を持って遊んでくれます。遊ぶ時のコツはなるべく浅く持ち、遊びの部分をたくさん取ることです。深く持ってしまうと遊んでる中で誤って手を噛んでしまうことがあるからです。

まとめ

噛んで良いものやいけないものを繰り返し教えることで噛み癖は治すことができます。噛み癖が習慣付いてしまうと成犬になってからしつけるのは子犬の頃よりもっとしつけるのが大変になってしまう為、子犬のうちに噛み癖を治しておきましょう。

>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!