食べると危険⁉︎犬が食べて良いもの・いけないもの

私達が食事をしているとワンちゃんが物欲しそうに見つめてきて、ついつい少しだけ与えたくなってしまうこともあると思います。しかし、人の食べるものの中にはワンちゃんにとって害になってしまうものがあります。知らずに与えてしまって愛犬の健康を害することになって後悔することのないよう与えてはいけない食べ物とその理由は覚えておきましょう。また、犬に食べさせていいものも知ってきましょう。

食べると命に関わる危険な食材

ワンちゃんが少しでも口にすると中毒を起こしたり健康を害することがある食べ物を紹介します。

【野菜】

玉ねぎ・長ネギ・ニンニク・らっきょう
ねぎ類にはワンちゃんの赤血球を壊してしまう成分が含まれています。赤血球が壊されると貧血や血尿を引き起こしてしまいます。玉ねぎや長ネギのエキスにもその成分は含まれるので一緒に調理したものも危険です。最悪死に至ることもあるので極力与えない方が良いです。

ニラ
こちらも赤血球を壊し、貧血症状を引き起こす成分が含まれて、下痢や嘔吐などの症状もでます。死亡することもあるので与えないください。

アボカド
アボカドには嘔吐や下痢などの症状を引き起こす成分が含まれています。こちらも死亡の危険性のある成分なので十分注意しましょう。
最近ではアボカドの有害成分を取り除いたドッグフードやおやつも販売されていますが、気になるようであれば与えないようにした方が良いでしょう。

銀杏
銀杏には嘔吐や痙攣、めまいそして呼吸困難などを引き起こしてしまう中毒成分が含まれます。飼い主が与えなくても散歩中に落ちている銀杏を食べてしまう可能性があります。秋の散歩には十分注意しましょう。
 

【果物】

ぶどう類
ワンちゃんがぶどう類を食べると肝機能障害を起こすことがあり、嘔吐や下痢、腹痛そして食欲不振などの症状が現れることがあります。また腎不全を発症する可能性もあり、最悪死に至ることもあります。

プルーン
乾燥プルーンには毒素が凝縮されており呼吸困難やショック症状などを発症することもあります。カリウムも豊富に含まれる為、過剰に摂取すると腎機能に影響が出ることもあります。

【お菓子】

チョコレート・ココア
カカオに含まれている成分がワンちゃんの中毒性があり、嘔吐や痙攣、発熱、心不全などを招き、最悪死に至ることもあル為絶対に与えないでください。

キシリトール
キシリトールはワンちゃんの血糖値を急激に下げてしまいます。痙攣などを起こし、最悪肝不全になってしまい死に至ることもあります。危険度が高い成分なので、キシリトールが含まれたガムや歯磨き粉などは与えないようにしましょう。

マカダミアナッツ・ナッツ類
ナッツ類は味付けに塩分がまぶされて入りため与えない方が良いです。特にマカダミアナッツには強い中毒性があり、嘔吐や痙攣などの症状が出ることがあります。

【飲料】

アルコール類
人間と異なり、犬の腎臓はアルコールを効果的に処理することができないため、急性アルコール中毒症状を起こし、死亡してしまう原因につながります。アルコールが入っているお菓子も同様に与えてはいけません。

コーヒー
カフェインはワンちゃんにとって有害であり、呼吸困難や痙攣などを発症することがあります。

お茶
お茶にはカフェインをはじめとしてシュウ酸やポリフェノールなどが含まれており、結石や食欲不振や下痢などの症状を引き起こし、犬の身体に蓄積してしまうと肝臓に大きな負担を与えてしまいます。

与えすぎると危険な食材

与え方や与える量に注意したい食べ物を紹介します。

【野菜】

ほうれん草
カルシウムの吸収を阻害するシュウ酸が含まれ、アクも強いのでワンちゃんには不向きです。

ごぼう
物繊維が多く、アクも強いのでワンちゃんには不向きです

【肉】

ハム・ソーセージ
食品添加物が多く脂肪分が多い為、肥満の原因につながるので与えない方が良いでしょう。

【魚介類】

タコ・イカ・エビ・カニなどの甲殻類
タコなどの甲殻類はワンちゃんにとって消化の悪い食材であり、食べなれない食材のため嘔吐や下痢を引き起こす恐れもあります。

【その他】

牛乳などの乳製品
ワンちゃんは乳糖を分解することができず、下痢を引き起こす可能性があります。またカロリーも高いのでワンちゃんに与えるには適していません。与えるのであれば、ワンちゃん専用の牛乳があるのでそちらを与えましょう。

生卵
生の白身だけを与えた場合、アレルギーの抑制効果のあるビタミンが不足してしまうことがあります。加熱するか黄身と一緒に与えるようにしましょう。

お味噌汁
味噌には塩分が多く含まれており、また具にネギなどを使用していると中毒症状の原因につながるので、与えるのはやめましょう。

食べてはいけないものを食べてしまった時の対処法

ワンちゃんが万一誤食をしてしまったら、動物病院に電話し食べてしまった物やワンちゃんの様子を伝え、対処法を仰ぎましょう。誤食した状況を確認した人が動物病院へ犬を連れて行き、状況を説明をしましょう。緊急を要しない場合でも、異物が小腸を通り抜けるの3日間程度かかるので、3日間は様子を見ましょう。またむやみに水を飲ませると、胃から腸へとどんどん誤食物を押し流してしまう為危険です。

おすすめの食材は?

食べてはいけないものとは反対に栄養価が高くワンちゃんに与えた方がいい食べ物もあります。ドッグフードに混ぜて与えてあげると良いでしょう。

さつまいも・里芋
さつまいもは食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。またビタミンも含まれているのでとても良いです。
里芋は消化機能を助け、抵抗力を高める作用があります。低カロリーなのも良いですね。
ただし、胃腸の弱いワンちゃんは食物繊維が下痢の原因にもなるので、徐々に与えるようにしましょう。また中毒を起こすこともあるので加熱調理して与えるようにしましょう。

キャベツ・白菜・大根
キャベツはビタミンと食物繊維が多く、ワンちゃんにとって良い食材です。注意点としては火を通してから与えるようにしましょう。
白菜と大根は生で与えても大丈夫です。白菜は繊維が柔らかくワンちゃんのお腹にも優しいのでおすすめです。

ブロッコリー
ブロッコリーの茎の部分を茹でると甘く、ワンちゃんが好みます。ビタミンA・B、カリウム等が含まれていて栄養価も高いです。

関連記事

https://youtu.be/3JT_kXsiusE うちのモコは食べるのが大好き!大切な愛犬が食べるものを自分が作って安心して与えたいと思い、今回は手作りハンバーグを作ってみました。一度にまとめて作れるので楽ですし、食いつ[…]

かぼちゃ
かぼちゃはβカロチン、ビタミン、食物繊維が豊富です。種は消化に悪いので取り除きましょう。かぼちゃはカロリーが高いので与えすぎには注意しましょう。

バナナ
バナナに含まれるカリウムには整腸作用があり、便秘解消が期待できます。免疫力を高めるとも言われています。

豆腐
豆腐は低カロリーで高タンパクな食材でワンちゃんの健康に良いとされています。茹でるかすり潰して与えるとワンちゃんも食べやすいです。
大豆アレルギーを持つワンちゃんもいるので、初めは少量から与えていきましょう。大豆を食べても平気かどうか様子を見ながら徐々に量を増やしていきましょう。

りんご・みかん・さくらんぼ・桃
りんご・みかん・サンクらんぼ・桃はワンちゃんが安全に食べられる食材です。みかんの薄皮や種などは有害なので果肉だけを与えましょう。果物は糖分を多く含んでいるので与えすぎると肥満になるので少量ずつ与えましょう。

果物アレルギーを持っている犬もいます。与えると体が赤くなってかゆみを生じる症状が現れますので、症状が出た場合は、果物を与えないよう気をつけてください。

まとめ

飼い主さんにとって良いものと思っていても、ワンちゃんの身体には害がある食べ物や飲み物があります。おすそわけするときは充分注意し、害の少ないものも与えすぎには注意しましょう。

>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!