犬に与える水は常温がいい?冷水がいい?犬に与える水の温度について解説!

こんにちは。ポメラニアンのモコです。

皆さん、水道水やペットボトルの水をそのままワンちゃんの水飲み用の器に入れる方が多いと思いますが、その水温が気になったことがあるかもしれません。

例えば「真夏の灼熱の日差しが照りつける日には冷たい水のほうが愛犬も喜ぶのかな?」「冬場の水は冷たすぎないのかな?」などと思ったことはありませんか?

今回は愛犬に与える水の温度について解説します。

関連記事

こんにちは。ポメラニアンのモコです。 私たち人間と同様に、犬も毎日欠かさずに水を飲みます。 人間の場合、水を飲むときは水道水の他に浄水やウォーターサーバー、ペットボトル等で天然水を買って飲むことも多いと思います。 一方で[…]

犬の飲み水の温度はどのくらいがいいの?

水は人間にとっても犬にとっても必要不可欠な飲み物です。

直接口にする飲み水だからこそ、犬の健康に直結する可能性があると思うと犬にとって最適な温度で与えてあげたいですよね。

どのような温度の水を与えるべきなのでしょうか?

基本的には常温がベスト!

犬に与える水は、基本的に15〜25℃程度の常温が良いとされています。

人間にも言えることですが、適度な温度の水は体に負担をかけづらく、健康を維持する上でも効果的です。

犬によって「冷たい水が好き」という子や「ぬるま湯が好き」という子など、犬によって好みがあると思いますが、日常的に与える水の温度としては特別冷やすことも熱することもしない常温がベストです。

冷たすぎる水は場合によって下痢をしやすくなりますし、胃腸が冷えて消化能力が低下することもあるので注意しましょう。

また、熱いお湯は犬の口内や食道を傷つけることなどもあるので、あまり与えないように気をつけてください。

暑い夏には冷水の方がいいの?

夏場は体も熱を帯びるので、冷えた水の方が良いのでは?と思う方もいるでしょうが、夏場も同様に常温の水が好ましいです。

暑い夏場の散歩から帰った後などは、水分をいつもより多めに欲しているため、犬は多くの水を飲みます。

この時、冷たい水を用意してしまうと腹痛や下痢を引き起こしやすくなります。

そのため、基本的には夏場も常温水を与えるようにし、散歩から帰った後に冷水を与えたいと思う場合は、キンキンに冷えたお水というよりは、いつもよりも少し冷たい程度にしてあげましょう。

寒い冬場に温かいお湯を与えても大丈夫?

夏場であっても冷水ではなく常温の水を与える必要があると先述しましたが、冬場に温かいお湯を与えるのはどうでしょうか。

実はこちらも基本的には良くありません。

もちろんお湯の温度にもよりますが、熱すぎるお湯は犬の舌を火傷させてしまう恐れがあり、飲んだ後食道を傷つけてしまう恐れもあります。

寒い季節に散歩から帰ってきて、少しでも温かい水を与えたいと思うのであれば、熱湯などのお湯ではなく、ぬるま湯に近い20℃〜30℃程度の水を与えるようにしましょう。

また、冬場も常温を与えた方がいいといっても寒い気温によって水が冷え、体を冷やしてしまう場合もあるので、できるだけ飲み水が冷たくならない様に一日の中で水を何度か変えて、新鮮なお水を与える方が良いでしょう。

飲み水の温度についてのポイントと注意点

愛犬に飲み水を与える際の温度についてのポイントや注意点をお伝えします。

冷たい水を与えすぎない様に!

暑い時期は冷たい飲み水を与えたい飼い主さんも多いと思います。

冷たい水に変えたとたん、犬の水を飲む量が増えたという話も聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし先述の通り、冷たい水を与えすぎると体を冷やしてしまい、下痢になったり体調を悪くしてしまったりしてしまう時があります。

なので、基本的には冷たい水は飲まさずに、夏場に散歩から帰ってきて体温が特に上がっていたり、とても暑そうにしていたりしている時など、ちょっとした時にだけ与えるようにしましょう。

老犬は特に気をつけた方が良いの?

老犬に冷たい水を飲ませると内臓に負担がかかり、内臓の機能を低下させてしまったりする場合があります。

なるべく体に負担をかけない様、老犬には熱すぎず、冷たすぎない常温の水を与える様にすると良いでしょう。

まとめ

飲み水の温度は犬によって好きな冷たさがあったり、その日の気温によって変わる事もありますが、基本的に飲み水の温度は常温がベストです。

飲み水は愛犬にとって非常に大切なものなので、飲み水の温度をしっかり調節してあげる事で愛犬は快適に健康に過ごしてくれるようになります。

しっかり管理しケアしてあげましょう。

>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!