証明書は必要?クレートに入れなきゃダメ?愛犬と伊豆アニマルキングダムを楽しもう!

こんにちは。

ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。

「伊豆アニマルキングダム」は、稲取高原標高380mの高原に位置し、太平洋に浮かぶ伊豆七島を見下ろす広大なレジャーランドで、約50万坪の敷地内には野生動物を放し飼いにした「アニマルゾーン」を中心に「プレイゾーン」や「スポーツゾーン」などの施設を備え、2010年4月リニュアルオープンしました。

「アニマルゾーン」では、ホワイトタイガーやライオン、チーターなどの猛獣からキリンやシマウマなどの草食動物の他、カピバラやアルマジロなどのふれあえる小動物まで様々な動物に接近することができます!

「プレイゾーン」は、大観覧車をはじめとして、家族で楽しめるアトラクション満載の遊園地です。

「スポーツゾーン」には、ドッグランや大自然の中で楽しめるパターゴルフコースなどがあります。

そして、なんと言っても「伊豆アニマルキングダム」は体重10kg以下の小型犬のみ、1m以内のリードを付ければ同伴で入園できます。

園内にはドッグランもありますし、愛犬と一緒に様々な動物を観察すれば忘れられない思い出を作る事ができますね。

今回はそんな「伊豆アニマルキングダム」をレポートします!

関連記事

https://youtu.be/c7CaDkzUIMk https://youtu.be/ZA6HGtQwTmU https://youtu.be/P6sunDwiwh8 https://youtu.be[…]

関連記事

こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 新型コロナウィルスが早く収束し大切な家族である愛犬と旅行に一緒に行きたくさんの思い出作りをしたいものですね。 今回は以前ご紹介したワンちゃんに優しい、素晴らしい自然に囲ま[…]

伊豆アニマルキングダム詳細情報

【詳細情報】
  【住所】  

〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344

 【アクセス】 

  • 車の場合
    関東方面から東名高速「厚木IC」より「小田原厚木道路」、「国道135号」または「真鶴道路」「なぎさライン」を通り約2時間40分
    関西方面から東名高速「沼津IC」「長泉沼津IC」より「伊豆縦貫道」、「国道414号」または「県道14号」を通り約2時間
  • 電車の場合
    伊豆急行「伊豆稲取駅」より「伊豆アニマルキングダム行き」でバス約10分

 【駐車場】 
あり(1台500円)

 【入場料】 

  大人 子供 シルバー割引(65歳以上)
平日 2,500円 1,250円 2,400円
土日祝日・繁忙期 2,700円 1,350円 2,600円

※シルバー割引の場合、65歳超の証明となる手帳必要

 【営業時間】 
9:30~16:00
GW期間中:9:30~16:00

 【休館日】 
6月下旬、12月中旬施設点検の為休園日あり(要確認)

 【電話番号】 
0557-95-3535

 【公式サイト】 
http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/

事前準備・必要書類

「伊豆アニマルキングダム」に愛犬と一緒に入る上でペット同伴誓約書や狂犬病予防接種注射済票、3種以上混合ワクチン予防接種証明書などはいずれも不要です

入園する際に記入する書類もありません。

リードで歩かせることもリュックやカートで入場することもできます。

ただ、愛犬が興奮してしまう可能性もある為リードは長さ1メートル以内のものにする必要があります

また、後述しますが一部犬が入れない場所もあるので気をつけましょう。

犬連れの方向けの注意事項です。

園内マップ

愛犬は「アニマルゾーン」について、ウォーキングサファリ内は一部を除き基本的に自由に見学できます。

「プレイゾーン」では「だいかんらん車」のみ一緒に体験することができます。

「スポーツゾーン」にはドッグランがあり、自由に利用することができます。

また、「天然芝パターゴルフ」愛犬をコース外を歩かせれば利用することができます。

「レストラン」については「レストラン アニマルキングダム」には愛犬は入ることはできませんが、「展望レストラン」各軽食コーナーは愛犬と一緒に利用することができます。

愛犬が入場できないのは「アニマルゾーン」においては「わくわくふれあい広場」及び「バードウッズ」です。

「プレイゾーン」「だいかんらん車」以外の乗り物「アルパカRANCH(牧場)」については愛犬は利用することはできません。

「スポーツゾーン」では「天然芝パターゴルフ」のコース内について愛犬を歩かせることはできません。

「レストラン」については「レストラン アニマルキングダム」には愛犬を連れて入場させることはできませんが、レストラン入口付近のペットハウスに預けることができます。

入場ゲート

入場口は一箇所で駐車場に隣接しており、受付で入園料を支払い、園中に入ります。

犬は無料となっています。

駐車場に隣接しているので車を停めたらすぐに受付に向かうことができます。
駐車場はこの広さです。こちらがいっぱいでも他にも駐車場はあります。
伊豆急稲取駅から入場ゲートまでバスも往復しています。

園内の様子

園内は基本的にリード(1m以内)で歩かせる事ができます。

リードフックは見当たりませんでした。

ウォーキングサファリも犬と一緒に入ることができるので、色々な動物に餌やり体験ができるのがとても楽しかったです。

代表的なスポットを一部取り上げてご紹介します。

ウォーキングサファリ

ウォーキングサファリでは動物が野生に近い感覚で自由に行動しています。

まずはキリンやしまうま、サイやムフロン、オリックスやラマなどの草食動物たちが放し飼いになっている中を歩いて見学します。

サバンナの動物たちの群れの中を歩いている様な感覚が味わえるエリアです。

草食動物のゾーンを抜けると、放し飼いではありませんが色々な猛獣も見たり、餌やり体験をしたりすることができます。

ウォーキングサファリに入る前にまずはお猿さんがお出迎えしてくれました。
こんな形で随所に餌やり体験があります。
モコちゃんお猿さんに大接近!
さぁこれからウォーキングサファリに入ります。入り口には草食動物用の餌が用意されています。
相変わらず、モコちゃんも餌に食いついています。。。笑
ウォーキングサファリの入り口には餌やり体験用に両替機も用意されています。
道の両側に草食動物が自由に歩き回っています。
餌やり体験をやってみました。相変わらずモコちゃん興味なし。。。
なんとキリンにも餌やり体験できます。ちかーい!
横から見るとこんな感じ。餌を食べる瞬間にはもっと近づきます。
フクロウなどの鳥さんもいます。お互いに不思議そうに見つめ合っています。
チーターもいます。モコちゃんは気にしていますが、向こうには相手にもされていません。笑
ライオンもいます。右側に見えているのはレストランです。ご飯を食べながらライオンが見れるなんて面白いですね。
ゾウさんにも餌やり体験ができます。切ってあるサツマイモを投げ込みます。
本当に色々な動物に餌やり体験ができます。
ヤギさんの食いつきっぷりに呆れているモコちゃん。
生まれて1週間経っていないヤギの赤ちゃんもいました。
ホワイトタイガーとご対面。
こんなに近くで写真を撮ることができます。愛犬が怖がっていないか注意して見てあげましょう。
あれ?モコのこと食べようとしていないかい?
負けじとモコちゃんも手でパシッ!笑
チンパンジーも不思議そうにモコちゃんを見つめています。
フラミンゴもいます。ウォーキングサファリ以外にもたくさん動物がいました。

だいかんらん車

プレイゾーンにある大きな観覧車は高台に位置するため、雄大な景色を楽しむことができます。

この観覧車には小型犬のみ抱っこして乗ることができます。

観覧車の頂上は高さ420mもあるそうで、伊豆を見渡すことができます。

「プレイゾーン」で愛犬と体験できる乗り物はこの「だいかんらん車」のみです。

もちろん「プレイゾーン」には他にもたくさん遊具や乗り物があるので、ワンコ連れの方は交代しながら愛犬の面倒を見て楽しむことができます。

また、「アニマルゾーン」からは高台に位置する「プレイゾーン」まで結構歩きます。

途中、橋を渡る際に階段がある為、カートで向かう方は注意しましょう。

料金:1人500円

「アニマルゾーン」から「プレイゾーン」に向かう途中にある橋です。階段も結構段数があるので注意です。
高台にやっと観覧車が見えてきました。
「プレイゾーン」の中でも一番高い所に観覧車が立っています。
観覧車の前でモコちゃんもパシャリ!
観覧車の中はこんな感じです。

天然芝パターゴルフ

「天然芝パターゴルフ」は3コース・27ホールの本格的な天然芝パターコースです。

天然芝パターのプレイは小学生以上が対象となります。

ワンコ連れの方愛犬をコース外を歩かせれば利用することができます。

2人以上で遊ぶ方はプレイしていない方の方が愛犬の面倒を見るようにしましょう。

料金:大人1,800円、子供1,000円

「天然芝パターゴルフ」はドッグランと同じ「スポーツゾーン」にあります。「アニマルゾーン」からは少し距離があり高低差もあるので気をつけましょう。

レストラン

レストランは大きいものが2つ、軽食店が2つあります。

「展望レストラン」は愛犬と一緒に入ることができます。

軽食店は基本的に屋外なので愛犬と一緒に食べることができます。

「レストラン アニマルキングダム」はレストランから猛獣を見ながら食事を楽しむことができる人気のレストランですが、愛犬と一緒に入ることはできません。

ただし、ペットハウスが隣接されている為、愛犬を預けて飼い主さんだけで食事を楽しむことは可能です。

展望レストラン

「展望レストラン」は東伊豆の高台から望む太平洋を一望できる素晴らしい景色が自慢のレストランです。

伊豆七島の数々を高台から望みながらのお食事は格別と人気です。

お勧めは稲取の隠れた名物帯うどんだそうです。

ペット専用入口が用意されている為、ワンちゃんが苦手なお客さんへの配慮も素晴らしいと思います。

屋内で食事が頂けるので、真夏日や雨の日のもありがたいですね。

座席数/全300席

高台に位置している為、食事と一緒に絶景が楽しめます。
この日は営業していませんでしたが、ペット専用入口の配慮は素晴らしいですね。

梅園軽食売店 福神

「梅園軽食売店 福神」は「アニマルゾーン」にある軽食売店です。

伊豆には様々な柑橘類がある為、「伊豆みかんソフトクリーム」は人気だそうです。

屋外にあるので、愛犬と一緒に食事を楽しむことができます。

沢山歩くので休憩がてらポテトやかき氷などの軽食を楽しみましょう。

「梅園軽食売店 福神」は「レストラン アニマルキングダム」の向かいにあります。
軽食売店とは言っても色々な種類のメニューがありました。
売店の隣に屋根付きの休憩スペースがあります。
ポテトとニューヨークサンドを頂きました。

レストラン アニマルキングダム

「レストラン アニマルキングダム」は国内でも珍しい猛獣を見ながらお食事のできるレストランです。

お食事の時間にも驚きと感動を味わうことができます。

「レストラン アニマルキングダム」は愛犬と一緒に入ることはできないので注意しましょう。

ただし、ペットハウスが隣接されている為、愛犬を預け飼い主さんだけで食事を楽しむことは可能です。

「レストラン アニマルキングダム」の入口です。
レストランの入口にはペットが一緒に入れない注意書きもありました。
ペットハウスを無料で借りることができるのも嬉しいですね。エアコンも完備されているので安心です。
ケージの中にはトイレシートも用意してくれています。広さも十分です。

ドッグラン

伊豆アニマルキングダム内には愛犬と入れるだけでなく無料ドッグランもあります!

犬種によって分かれてはいませんが、かなり広いドッグランで、ちょっとしたアジリティもありました。

ドッグラン内にはゴミ箱などはないので注意しましょう。

ドッグランは「スポーツゾーン」に位置しており、「アニマルゾーン」からは少し遠く勾配もあるので、歩きやすい靴で向かいましょう。

天然芝パターゴルフと同じ「スポーツゾーン」まで少し歩きます。
ドッグランが見えてきました。
かなり開けた場所なので一見ドッグランと気付きにくいですが、金網に張り出してあるこの表記を見逃さないようにしましょう。
ドッグラン利用の際の注意事項です。
入り口は二重になっています。
これだけ広いドッグランです。ちょっとしたアジリティもあります。
ミニオンの服を着たモコちゃんも楽しんでいました。

関連記事

こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 可愛い犬の服があると着せたくなりますよね。 夫がAmazondでモコの洋服を沢山購入したので、今回はミニオンになれるお洋服のサイズや特徴などをご紹介します。 洋服の[…]

わんこが入場できない場所

愛犬が入場できないのは「アニマルゾーン」においては「わくわくふれあい広場」及び「バードウッズ」です。

「プレイゾーン」「だいかんらん車」以外の乗り物「アルパカRANCH(牧場)」については愛犬は利用することはできません。

「スポーツゾーン」では「天然芝パターゴルフ」のコース内について愛犬を歩かせることはできません。

「レストラン」については「レストラン アニマルキングダム」には愛犬を連れて入場させることはできませんが、レストラン入口付近のペットハウスに預けることができます。

ふれあい広場には愛犬は入れないので、交代で愛犬のとお留守番しながら楽しみましょう。

まとめ

愛犬とたっぷり1日過ごせる「伊豆アニマルキングダム」は、ほとんどが犬と一緒に楽しむことができますが、動物触れ合いエリアやレストランの屋内など一部入ることができないエリアもあります。

愛犬と色々な動物に餌やり体験できるのはとても貴重な体験でした。

伊豆に遊びに行く際にはぜひ立ち寄ってみましょう。

関連記事

https://youtu.be/c7CaDkzUIMk https://youtu.be/ZA6HGtQwTmU https://youtu.be/P6sunDwiwh8 https://youtu.be[…]

関連記事

こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 新型コロナウィルスが早く収束し大切な家族である愛犬と旅行に一緒に行きたくさんの思い出作りをしたいものですね。 今回は以前ご紹介したワンちゃんに優しい、素晴らしい自然に囲ま[…]

>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!