犬と電車に乗る時の注意点は?ルールやマナーを解説☆

大切な愛犬とのお出かけや旅行は最高の思い出になると思います。一緒に出かけたくても車がなかったり、電車などの公共交通機関でいかなきゃいけない場合にペット連れで乗車する場合にはルールや注意点が沢山あります。
飼い主の方がルールや注意点を知らずにペットを電車に連れてしまうと、思わぬトラブルに遭遇してしまう可能性もあります。事前にしっかりとルールや注意点を知っておきましょう。
ペットと電車でお出かけし楽しい思い出を作るために、今回はペットを連れて電車に乗るルール等について解説します。

ペット連れでの電車の乗り方・ルールは?

ペット連れでの電車の乗り方の基本的なルールについて解説します。基本的に犬と猫は同じルールになります。
各社によって細かなルールが異なる部分もあるので、詳しくは実際に乗る鉄道会社に問い合わせしてみてください。

キャリーバッグなどのケースに入れる

一番長い辺が70cm以内でタテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケース(キャリーバッグ、リュック、クレートなど)に入る犬で、ケースに収納した状態で持ち込む場合に限り、犬も電車に乗せることができます。
顔や手など身体の一部が出てしまうバッグや、フタのできないトートバッグなどは乗車拒否される可能性があります。

《ペットカートはキャリーの取り外し可能なタイプはOK》

ペットカートを持ち込む場合は、キャリーの取り外しが可能なタイプで、取り外し後のキャリーのサイズが規定内であれば持ち込みOKです。
乗車時はキャリーを取り外し、車体を折り畳む必要があります。

関連記事

https://youtu.be/xFkGMgSMaK8 こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 コムペットはベビー用品メーカーの「コンビ」が長年培ってきたベビーカーの技術とノウハウから生まれたペットの[…]


《スリングはNGな鉄道会社も》

布製の抱っこひもやスリング等のバッグは、鉄道会社によっては顔が出ないようにフタがあるものであっても持ち込み不可のところもあるようです。
事前に鉄道会社のHPや電話で問い合わせをしておいた方が安心です。

重さはケースと合わせて10kg以内

犬を電車に持ち込む場合に、犬自身の体重とケースの重さの合計が10kg以内でないと持ち込むことができません。

犬の身体を外に出してはダメ

キャリーバッグ等で持ち込む場合であっても、顔を出した方が落ち着くということでフタをあけてしまうのもダメです。電車の中だけでなく、駅構内でもNGなので気をつけましょう。

これらのルールから考えると、中型犬や大型犬は電車を利用することは難しいでしょう。また、小型犬や子犬であっても電車の混雑状況によっては乗車を断られることもあるので注意してください。

ペット連れで電車に乗る注意点

最低限ルールを遵守した上でさらに注意した方が良いことをお伝えします。

キャリーケースの置き場所

犬を入れたキャリーケースは、飼い主が座っている場合には膝の上か足元に置くのが良いでしょう。立っている場合は手に持っているか肩などにかけた状態か、やはり足元が良いと思います。
足元に置く場合は、冷暖房等の空調設備があるので、ワンちゃんに当たらないように気をつけましょう。

他の人に配慮しながら乗車する

電車は多くの方が利用します。中には動物が苦手な方や動物アレルギーの方もいらっしゃいます。キャリーケースに入れているからということで周りへの配慮が欠けてしまうとトラブルにつながる可能性もあるので、周囲への気配りも忘れないようにしましょう。

トイレをさせておく

ワンちゃんが車内で落ち着いていられるように、あらかじめトイレを済ませておくことも重要です。それでも心配な場合はケース内にペットシーツを敷いたり、オムツを着させたりしておきましょう。
トイレをさせておかないと、ワンちゃんが落ち着かず吠えたり嘔吐をしてしまうこともあります。

ペットの電車賃は?

JRについは犬の運賃はかかりませんが、犬のキャリーケースが有料の手荷物扱いになり1個280円かかるため、改札で切符を購入する必要があります。
各私鉄や地下鉄などでは手荷物料金がかからず無料で乗れる場合が多いですが、ペット用の乗車券を販売しているところもあるので、事前に確認しましょう。

ペットと電車でお出かけする前の準備

電車でのペットへの負担を減らす為に、準備をしておくと安心です。事前準備についてご紹介します。

お出かけ前日までにやる準備

慣れない電車移動をぶっつけ本番で行うのはやめておきましょう。知らない環境、音、揺れなどの刺激で不安になってしまうペットも多いです。
お出かけ前までに環境にならす準備をしておきましょう。

《キャリーに慣らしておく》

まずは移動用のキャリーに入ることに慣れさせます。
キャリーの中におやつやおもちゃを入れたり、ベッドを入れてハウスの代わりに使ってみたりして安心できる場所だと認識させましょう。
慣れてきたらキャリーに入れて外に出てみたり散歩してみましょう。またキャリーに入れて線路の近くを歩いたりして電車の音になれさせるのもいいでしょう。
怖がるようなら慌てずゆっくり慣れさせましょう。

《短い区間で電車に乗ってみる》

キャリーに入るのに慣れてきたら、短い区間電車に乗ってみましょう。
キャリーに慣れてきてもいきなり長距離電車に乗せるのは不安なので短い区間で電車の環境に慣れさせておくと安心です。
電車を降りた後に散歩をしたり、おやつをあげたりして電車に乗った後に楽しいことがあると認識してもらいましょう。

お出かけ当日、乗車前にやっておく準備

直前に食事をさせない》

電車に乗る直前にご飯を与えてしまうと乗り物酔いしやすくなってしまいます。電車に乗る2時間〜3時間前にはご飯をすませておきましょう。
うちのモコはそもそも乗り物酔いしやすい子なので獣医さんに相談して身体への負担の少ない酔い止めを処方してもらっています。

《キャリー内に普段使用しているタオル等を入れる》

移動の間、ワンちゃんに安心感を与える為に、キャリーの中に普段使っていたおるやクッションを入れてあげると落ち着きやすいと思います。また、お気に入りのおもちゃやおやつも持っておくと安心です。

《混雑時間を避ける》

混雑した電車に乗るのはワンちゃんを興奮させやすいので、出かける時には混雑した電車や時間帯を避けましょう。

乗車中に注意すること

電車に乗っている間もワンちゃんの様子を気にかけてあげましょう。様子がおかしいようなら、一旦降りて様子を見ましょう。

《暴れる場合はすぐに降りる》

電車に乗ってみた時に、ワンちゃんがストレスを感じて吠えてしまったり、暴れてしまったりした場合は無理せず電車を降りましょう。

まとめ

ワンちゃんと電車で出かけるのには色々な注意点があるので慣れるまでは大変かもしれません。しっかり準備をし徐々に慣れていけば、ワンちゃんと電車で様々な場所へお出かけして沢山思い出を作ることができます。ぜひチャレンジしてみましょう。

関連記事

https://youtu.be/xFkGMgSMaK8 こんにちは。 ポメラニアンのモコ(@mocochi1011)です。 コムペットはベビー用品メーカーの「コンビ」が長年培ってきたベビーカーの技術とノウハウから生まれたペットの[…]

>ポメラニアンのモコ

ポメラニアンのモコ

ご覧いただきありがとうございます★ Instagramでもモコちゃんの日々を更新中です!